英語

【 英検準1級 対策 】英検準1級の理想時間戦略

英検準1級 適当にやってると、一瞬で時間なくなりますw

英検はCSEスコアと呼ばれるものが導入されていて、いづれかのパートの点数が低いと他の場所が満点でも不合格になります。

パートというのは

リーディング

ライティング

リスニング

スピーキング

のことです。なので、リーディングで時間を使ってしまってライティングができなかった。。というのは絶対に避けるべきなのです。

今日は、実際に私が戦った英検準1級での時間の戦略について記事っていきます(ちなみに私は真っ向勝負だったので、小手先の方法紹介ではないですw)。

【 英検準1級 対策 】英検準1級の理想時間戦略

prepare

英検準1級の制限時間

リーディング、ライティング合わせて90分です。

リーディング Part.1 語彙 目安10分

単純な語彙力勝負です。このパートは悩んでも答えは出ません。

知らない場合は、適当にマークして即飛ばします。

全部で25問ありますが、このPart.1は10分で駆け抜けます。

ライティング 目安 25 分

戦略としては、先にライティングをやってしまうのも手です。というもの

リーディングに時間を使ってしまって、ライティング手付かずだと即不合格だからです。

構造を作成するのに5分

型式にもよりますが、自分自身の意見を決めて、そうだと思う理由を2点あげないといけません。

どのような話にするか、ここで構想をねります。

大事なのは、作りやすい方で作ることです(意見が正しい、正しくないはみられてないので)w

下書きで15分

ここで書いていきます。が決して本ちゃん用の紙には書きません。

こうだ、あーだとあれこれしながら記載します。

清書で5分

最後に本ちゃん用の紙に写します。

リーディング Part.2 空所補充 目安 20分

全部で6問です。

ここは20分で駆け抜けます。

拾い読みとかしちゃダメです。真っ向勝負全部楽しく読みます(面白い話題多いんですよね)。

リーディング Part.3 長文読解 目安 30分

全部で10問です。

ここは30分で駆け抜けます。

ここも同じ、拾い読みとかしちゃダメです。真っ向勝負全部楽しく読みます。

見直し 5分

見直しに使うなら、ライティングです。

誤字脱字、 a(n)が抜けてるを重点的にみてきます。

ここでリーティングパートを見直しても、答えがわかることはありません。スッパリ諦めて、少しでも勝てる確率の高い方を選びましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人

ヒゲ

とある会社でエンジニアをやりつつ、家族のためにせっせと投資に励むオジさん。ネット上ではヒゲと呼ばれることが多い。是非フォローして下さい。

-英語

© 2021 家族経営ブログ