ガジェット

これ以外は使えない。 高級キーボード HHKBは最高である

ヒゲ
ヒゲ

キーボード。。カタカタ。はぁはぁ。キーボード

ヒゲはキーボードが好きです。と言ってもたくさん種類を持っているわけではなく、HHKBというおそらく地球上で一番高いであろうキーボードのみです。

今日はオタクっぷりを全開にしてこのキーボードを紹介していこうと思います。

高級キーボード HHKBは最高である

HHKB

お値段

まずそのお値段。3万5千円である

最初は思うのだ。

たか!!!!!!!!!

1000円のキーボードでよくないか?

コモチ
コモチ

とね。

安いメンブレイン方式を採用したキーボードを何個か使いある程度満足はしていた私でしたが、

リモートワーク に移行し会社内を駆けずり回る必要がなくなったことで、ヒゲのキーボード熱が上がったのだ。

キーボードの種類

キーボードには、いくつかの種類があります。今回紹介するのは以下の方式

静電容量無接点方式

HHKBはこの方式を採用していて、キーボードの中でも一番高級な部類です。

セブンイレブンのATMのテンキーは実はこれと同じ方式を採用していて、この方式以外のキーボードで発生するチャタリング(一回キーを押すとなぜか連続でキーが押されてしまう)

と言った現象は一切発生しない。

文字をたくさん書くブロガーや、本を書く人、エンジニアにはもってこいの方式です。

この方式は、高級なキーボードが多く様々な種類を購入して打ち比べをすることはあまりできないのが難点。

タイピングの打鍵感は最高

キーボードの音や打った時の「スコっ」という感覚が最高。

メンブレイン方式やパンタグラフ方式の安いキーボードを使っていた時は感じられなかった感覚です。

特にスペースキーを押す時の「カチッ」としたさりげない音が病みつきですね。

文字を大量に書きたくなる衝動にかられます。

ブログをつづれけられるのも、HHKBによるおかけもあると思います。

疲れにくい

この方式に基本的についているのはタイピングするキーごとに重さが異なっている点にあります。

例えばAは小指で押さないといけないため、キーの押し込む力が少なくても済むようにキーの重みが軽く設定されている。

逆にFなど人差し指で押すようなキーに関しては重めに設定されている。

重めに設定するとやり辛いように感じるかもしれないが重く設定しないと押した感覚がなくタイピングミスを誘発してしまう。

結果として打つ量が減り疲れにくいという仕組み

壊れにくい

10年は余裕で使えると言われています。

安物のキーボードは、何かが壊れるとキーボードごと買い替えが必要です。

しかし、静電容量無接点方式だとキー単位で交換をすることができます。

「無接点」ということもあり、物理的に接触がないもの壊れにくい要因の一つです。

壊れにくいと少しずれるかもしれないですが、この手のキーボドードはキーボードに印字されている文字が経過年数によって消えることもありません。

HHKBを選んだ理由

HHKB

実は静電容量無接点方式のキーボードはあまり種類がないです。

中国製のものを除くと

  • 東プレのリアルフォース
  • HHKB

この2種類に絞られる。

その中で、HHKBが私の利用用途にマッチしていた点を上げていきます。

無線方式で複数のパソコンを瞬時に切り替えられる

私の部屋には、PCが4台あります。

普段はそれらを切り替えながら仕事や、プライベートでの仕事をこなしています。

メンブレインやパンタグラフ方式のキーボードには多く搭載されている機能ですが、この勢電容量無接点方式で採用しているのは上記の2種類だとHHKBだけです。

HHKBは4台のキーボードを同時に切り替えることができます。

これだけあれば、HKBが一台あるだけで他のキーボードを持ち歩く必要ありません。

ちなみにUSB-C方式での有線にも対応しています。

その有線の状態でも、キーボードの切り替えは可能です。

コンパクト

リアルフォースはフルサイズキーボードしかありません。

そのため、トラックボールと、トラックパッドを併用する私の場合横に広いキーボードだとその機材を使うまでの距離が伸びて利用しづらくなってしまう問題があります。

こんんな感じ

HHKB

HHKBはテンキーこそないですが、コンパクトなので腕を広げなくてよく、作業エリアが狭い人にはおすすめ

まとめ

文字をたくさんタイピングする人はHHKBを買おう

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人

ヒゲ

とある会社でエンジニアをやりつつ、家族のためにせっせと投資に励むオジさん。ネット上ではヒゲと呼ばれることが多い。是非フォローして下さい。

-ガジェット

© 2021 家族経営ブログ