ライフハック

突如遅くなったブログを見直す3パターン 〜ネットワーク診断で解決する方法〜

その日は突然やってきました。ブログが遅くなり全くもって開けないのです。

10秒以上待ってもブログの記事が開かない。

という大事件に見舞われたのでした。

しかも特定のページだけではなく全ページです

対処方法はいくつか取れるのですが、今回はネットワークツールを使って、遅くなったブログを見直すポイントを紹介しようと思います。

突如重くなったブログを見直す3パターン 〜ネットワーク診断で解決する方法〜

早速治していきましょう。

ブログは様々な要素が重なって形成されているものです。

その様々な物の中でどこが悪いのかを可視化する必要があります。

開発者ツールを開く

全てのブラウザには、ディベロッパーツールなるものが付いています。

Chromeだと以下の画像のようにDeveloper Toolsというものが、問題を可視化をしてくれるツールになります。

ブログ重い

つぎに、ネットワークタブを開きます

真ん中のNetworkとなっているものです。これは通信(ブログを表示させるための準備)にどれだけ時間がかかっているか?を表示してくれます。

ブログ重い

そこでブラウザのリロードボタンを押すと。。

ズラーっと意味不明なものがたくさん出てきます。

ブログ重い

この中で、Timeという列に注目してみてください。

これは、このページを読み込む際にかかった時間を表しています。

私が調査した時は、ページの最初のロードに13秒以上かかっていたのです。

遅いパターン

基本的にサイトが遅いパターンは決まっています

パターン1 javascriptやCSSが原因(≒プラグイン)

自身のサイトを鮮やかに彩ってくれる2つなのですが、時として異常に重くなることがあります。

鮮やかに彩るために様々な準備をしてくれるわけなのですが、様々な準備をする=時間がかかるので表示までの時間が掛かる様になってしまいます。

回避方法はワードプレス であれば、単純にプラグインを入れるだけで解除できるものがほとんどです。

パターン2 画像が重い

画像をふんだんに盛り込んだリッチなブログになると重くなることがあります。

丁寧に説明しようとすると、どうしても画像が多くなりがちです。

そのため以下のようなプラグインで画像を圧縮したり読み込みを遅延させる(Lazy Loadと呼ばれる方式で)ことで回避するといいと思います。

パターン3 外部サイトへのアクセスが重い

私が経験したのはこちらのパターンでした、ブログを書いていると外部のサイトへのリンクを貼ることが多いのですが、そのサイトへのアクセスが異常に時間がかかり

ページが開かないというパターンです。

私は外部サイトの表示に上記のプラグインを用いているのですが、どうも組み合わせが悪いサイトがあるらしくそのサイトが足をひっぱり全体を重くしていたのでした。

そのために今回は外部へのリンクをこのカードを使わず単純にハイパーリンクとすることで回避しました。

結果無事に今まで通りの速度でブログを参照することができるようになったのでした〜(めでたしめでたし)

別の調査方法

実は、この解決方法にたどり着くまでにいくつかの方法を試しました。

キャッシュの削除

古いキャッシュが残っていて、悪さをすることはよくあります。

そのため、まずはキャッシュのクリアを試みました。

ブログ重い

が全くもって改善しません。

MySQLの設定を眺める

WordPressのサイトであれば、基本的にデータは全てMysqlというデータベースの中に格納されています。

そのため、そのデータベースへのアクセスが悪さをしているのかも?と考えたのです。

そこで以下のようなコマンドを打ってみました。

ブログ重い
データベースへの接続数を調べる
ブログ重い
接続しているコマンドを調べる

しかし、怪しいものはありません。

上記のTImeの値が異常に長いものがある場合は、このデータをを消して復旧かと思いましたがDBは問題なく動作しているようです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人

ヒゲ

とある会社でエンジニアをやりつつ、家族のためにせっせと投資に励むオジさん。ネット上ではヒゲと呼ばれることが多い。是非フォローして下さい。

-ライフハック

© 2021 家族経営ブログ