ガジェット ヒゲブログ 複業

Udemyのオンライン講座作成の機器は3つだけ!マイク、オーディオインターフェース、パソコン

ヒゲ
ヒゲ

こんにちわ~。ヒゲです。

今回は、Udemyへ講座を作成しようと考えていまして、それに必要な機材を揃えることにしました。

撮影機材についてはこれから本格的に活動していこうと言うことで少し背伸びしたものを購入しました。

Udemyとは?

世界最大級のオンライン学習サイトUdemyと呼ばれており、売り切り型のオンライン教材コンテンツです。

エンジニアであれば

  • Javaを一週間でマスター
  • Pythonマスター

といったコンテンツが2000円くらいで提供されています。

それ以外にも、

  • 写真のとり方
  • 一眼レフの使い方

などなど、豊富なコンテンツが提供されていることも魅力な点です。

Udemyで教材を作成する

Udemyの利用形態には2種類あります

  • 販売されているコンテンツを購入する
  • コンテンツを作成して販売する

の2種類です。

後者は自分自身がコンテンツを作成することで、いわゆる先生になれます。

パソコンを使ったりするのでそのための機材が必要になります。

今回はパソコンの画面を使った講座を予定しているため、そのための機材を購入していこうと言うことになります。

Udemyで教材を作成するために必要な機材は3つのみ!

オンライン講座 Udemy

機材としては3つだけで十分です。

  • パソコン
  • マイク(コンデンサーマイク)
  • オーディオ・インタフェース

になります。

パソコン

まずは、肝心のパソコンになります。

動画を編集するにもアップロードするにもパソコンの存在は必須ですのでまずはパソコンを購入しましょう。

オーディオ・インタフェースがMac対応のみが多いので、購入するのであればMacのパソコンがおすすめです。

Udemyくらいの動画作成であればAirで十分ですが、ガチンコで行う場合はMacBookProの購入も検討しましょう

大抵の場合は、Macbook Airで事足りるはずです。

マイク(コンデンサーマイク)

お次はマイクです。

マイクにも色々種類があるのですが、コンデンサーマイクで電源がXLR形式のものを選択しましょう

手軽にできるものとしてUSB接続をメインとしたマイクがあるのですが、USB接続のマイクはホワイトノイズ(サーッという音)が動画に入りやすく

聞くに堪えない動画になってしまいます。

USB形式は安価ですが、後々のことを考えてXLR形式のコンデンサーマイクを購入しましょう。

今回購入したのは、SENNHEISER ( ゼンハイザー ) / MKE600というマイクです。

もう少し安価なマイクもあったのですが、一眼レフにも搭載可能なマイクを探しており対応しているマイクがSENNHEISER ( ゼンハイザー ) / MKE600くらいしかありませんでした。

一応あったのですが、評価が良くなかったりしたので今回はこちらのマイクにしました。

一眼レフはD5500というNikonのカメラを使っています。

オーディオ・インタフェース

最後はオーティオインタフェースです(まさかコレを買う日が来るとは)。

先程のXLRのマイクの電源になるものです。

マイクをオーティオインタフェースに接続してオーティオインタフェースをパソコンに接続して利用します。

こちらも、星の数ほどあったのですがYoutubeの人気ランキングで1位となっていたものをミーハー買いしてしまいました。

Udemyで教材を作成するために必要な機材?の最後は?

最後は自分の専門知識です。

後は、どうやって機械を使っていくかと、どのようにコンテンツを作成していくかを考えてUdemyにアップロードするだけです。

動画を作成したら、また別の記事で紹介をしようと思います。

時間はあまりないですが、空き時間を利用しつつコンテンツの作成を行っていこうと思います!

ワクワクが止まらないですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人

ヒゲ

とある会社でエンジニアをやりつつ、家族のためにせっせと投資に励むオジさん。ネット上ではヒゲと呼ばれることが多い。是非フォローして下さい。

-ガジェット, ヒゲブログ, 複業

© 2021 家族経営ブログ