SEO

【 Google Analytics 】 Twitter のアプリブラウザでもリアルタイム追跡する方法

本日は Google Analytics のお話です。

Google Analytics を開くと以下のような画面がトップページに配置されています。

現在ブログの周知の方法としていくつかの導線を持っているのですが、

その一つであるTwitterで周知した場合にこのリアルタイムのパネルにて困ったことが発生しました。

Twitterさんからだと、、うんともすんとも言わないのです。。

Google Analytics

こちら以下のように、他の導線からであれば、サイトにアクセスがあると、現在見ているユーザということで反応するのですが。。。

Google Analytics

Twitterのアプリビューから反応しない

Twitter経由でユーザがアクセスしている場合この項目がまったく反応しません。

せっかく見てもらっても、状況がわからないのでは改善の手の打ちようがありません。

当初は他にやることもあったので放っておくことにしたのですが、流入して見てくれる人も増えてきたのでしっかりと可視化していきたいです。

そのためいくつか方法を検討してみました。

Twitterの設定でどうにかする

アプリビューを無効にすることができます。

がこの設定はユーザに設定を行ってもらわねばならず、効率的ではありません。

一応ですが、スマホのTwitter設定画面の

Display and sound > Open links in Reader Viewのチェックをオフにすると

普段使っているブラウザでTwitterのリンクを開くことができます。

Google Analytics

もうだめだ、おしまいだ。。

救世主現る アナリティクスパラメータを付与する

Google Analyticsがそもそも用意してくれていました

こちらを使ってURLのクエリストリングにtwitterからですよ〜とか他の媒体からですよ〜

という情報を追加することによって、リアルタイムに表示されるようになったのと、より詳細にページの分析が可能になりそうでした。

一回ブラウザを開いてからアプリビューに戻っているような挙動ですが、

このページから他のページに回遊してくれた場合でも、状況が把握できるようになってました。

使い方

Website URL ここにTwitterに貼り付ける予定のURLをペーストします

Campaign sourceはtwitterです。(分析ようなので任意でも大丈夫です)

Campaign mediumは媒体を入力します。今回はTwitterのタイムラインなのでtimelineとしました。(分析ようなので任意でも大丈夫です)

Campaign name はキャンペーン名です。こちらも任意の値で大丈夫です

Google Analytics

最後に青線の場所でURLを短縮し発行。

そのURLをTwitterのタイムラインに貼り付けることで周知完了です。

SEO別記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人

ヒゲ

とある会社でエンジニアをやりつつ、家族のためにせっせと投資に励むオジさん。ネット上ではヒゲと呼ばれることが多い。是非フォローして下さい。

-SEO

© 2021 家族経営ブログ