投資信託 資産運用

emaxis slim 全世界株式 と emaxis slim 全世界株式(除く日本)どちらがよい?

ヒゲ
ヒゲ

こんにちわー。ひげです。

今回はemaxis slim全世界株式についての記事を書いていこうと思います。

emaxis slim 全世界株式には2種類ありまして、日本を含んでいるものと、日本除くの2種類です。

最初はどちらを選んででいいのかわからずヒゲも悩みました。

今回はその点を解決していこうと思います。

emaxis slim 全世界株式 要点まとめ

  • 低コストで運用できる
  • emaxis slim 全世界株式で運用しておくことが無難
  • これほど便利な投資信託はない

emaxis slimシリーズ

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は、eMAXIS Slimシリーズのひとつです。業界最低水準の運用コストを目指スト宣言しています。

つまり、eMAXIS Slimは、常に最もお得に運用できる銘柄であり続けるということです。

この銘柄は受益者還元型信託報酬という仕組みを採用しています。

みんなが利用すればするほど、信託報酬が安くなっていく仕組みですね。

emaxis slim 全世界株式

まずは、簡単にemaxis slim 全世界株式のおさらいをしたいと思います。

過去の実績は、未来を保証するものではありません。

これからアメリカ一強とは限らないのです。

そのため一番無難な株式のインデックス投資方法としてあげられるのが全世界株式です。

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2020」で1位を獲得した強者です。

emaxis slim 全世界株式の資産構成

以下のように全世界の株式に投資をする、投資信託になります。

信託報酬は0.1144%

emaxis slim 全世界株式(除く日本)の資産構成

一方で除く日本では以下のような資産構成になっています。

名前通り、日本への投資がされておらず米国の比率が大きくなっています。

信託報酬は0.1144%

emaxis slim 全世界株式のリターンについて

まずは、emaxis slim 全世界株式から見ていきましょう

そして、emaxis slim 全世界株式(除く日本)

米国が好調なこともあり、除く日本の方が少しだけリターンが高いようです。

emaxis slim 全世界株式の銘柄組み換えはどのように行われるの?

仮に、アメリカが衰退し国力が落ちてきたとすると、全世界株式では自動的に米国の比率を減らし他の国への投資額を増やしてくれます。

そのため一度投資したら最後、淡々と入金を行うだけでOKです。

正直これほど楽なインデックスファンドはありません。

emaxis slim 全世界株式の平均利回りはどれくらい?

いづれも5.97%(分配金再投資込み)ほどです。

とてつもないリターンです。

高配当株で、これくらいの利回りを目指そうとすると危険レベルです。

連動対象であるMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み、円換算ベース)の2001年~2020年のCAGR(年平均成長率)から、想定される運用コストを差し引いて算出した数値です。

(参考ページ:CAGR(年平均成長率)|やさしい株のはじめ方

emaxis slim 全世界株式は長期積立に向いている?

向いています。

というかこれほど長期に向いた商品はないと思います。

過去の実績は、未来を保証するものではありません。

これからアメリカ一強とは限らないのです。

各国の状況に応じて投資先を自動で変更してくれるemaxis slim 全世界株式は非常に強い味方です。

そのため、iDeCoNISAを利用して、購入する投資信託の商品としては最強の商品と言えます。

emaxis slim 全世界株式とemaxis slim 全世界株式(除く日本)どちらがおすすめ?

さて軽く、emaxis slim 全世界株式の紹介が完了したところで、どちらが良いのか見ていきましょう。

結論から申しますとヒゲは

emaxis slim 全世界株式に投資をした方がいいと考えています。

emaxis slim 全世界株式(除く日本)派の意見

emaxis slim 全世界株式(除く日本)派の人の意見としては、

  • 日本は人口が減少して衰退していく
  • 株価がずっと横ばいだからこれからも続くしもっと下がる

と言ったポイントだと思います。

日本は人口が減少していく

人口が減少していくと、企業が衰退しGDPが減少していくと言われていますが、本質的にはそうではありません。

必ずしも人口増加とGDPの増加が一致するとは限らないのです。

あくまで、企業が生み出す価値や個人が消費する力によりがGDPを押し上げるのであって、消して人口減少が原因ではありません。

また、人口の減少もテクノジーの進化(ロボットやドローン)によって賄えると言われており(コンビニの無人化などは既に進んでいる)

人口が減るから

という理由だけで、除く日本を選択する理由にはならないのです。

テクノロジーの進化に対する投資はこちら!

株価がずっと横ばいだからこれからも続くしもっと下がる

かもしれませんし、そうでないかもしれません。

また、横ばいであったり下がっていった場合はemaxis slim 全世界株式を選択することによって自動的に比率のリバランスを行ってくれます。

もしかしたら上がるかもしれません。

株式のブームは10年ごとに来ると言われています。

バブルだった時代は日本株が人気でした(そして崩壊とともにブームがさりました)し

そのあとは新興国株、そして米国株と時代は順繰り繰り返しているのです。

これからの10年、20年どうなるか誰もわからないのです。

emaxis slim 全世界株式 要点まとめ

  • 低コストで運用できる
  • emaxis slim 全世界株式で運用しておくことが無難
  • これほど便利な投資信託はない

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人

ヒゲ

とある会社でエンジニアをやりつつ、家族のためにせっせと投資に励むオジさん。ネット上ではヒゲと呼ばれることが多い。是非フォローして下さい。

-投資信託, 資産運用

© 2021 家族経営ブログ