投資信託 資産運用

【SBI証券 やらねば損】SBI証券でTポイントコースからVポイントコースへ変更方法の紹介

ヒゲ
ヒゲ

こんにちわー。ひげです。

今回は、SBI証券で始まったクレカ積み立てで貯まるVポイントをさらにお得に貯める方法を

紹介したいと思います。

変更までに時間がかかるものっぽいので、気づいた方はすぐに変更を行いましょう!

SBI証券でTポイントコース

SBI証券では投資信託の保有額や、株式取引の手数料に応じてTポイントが貯まるサービスが存在しています。

設定画面は、口座管理画面における、「お客様情報設定・変更」から行えます。

Vポイント

しかし、今回クレジットカード積み立てが始まったことにより、Tポイントに代わりVポイントによるポイント付与サービスが登場しました。

ポイントの付与率も大幅にアップしており、Tポイントから変更することによりさらにお得に使えるようになったのです。

どれくらいアップしている?

TポイントからVポイントに変更するとどれくらいアップするのでしょうか?

SBI証券ではポイントが付与されるポイントがいくつか存在します。

付与ポイント1 投資信託の保有金額

投資信託の保有金額に応じてポイントがもらえます。

こちらはVポイント、Tポイントともにポイントの付与率は変わりありません。

しかしながら、本記事の手続きを行わないとこの保有量に応じたポイントがもらえないくなってしまうのです。

付与ポイント2 積み立て時

積み立て設定を行った時は、毎月5万円を上限としてVポイントが0.5%付与されます(上限で250ポイント)。

Tポイントはこのサービスはありません。

そして、現在はこの積み立て時のポイントがキャンペーンを行っていて1%付与しますよ〜

ということになります。

クレジットカード設定に興味のある方はこちら!

SBI証券でVポイントコースの設定を行う方法

Vポイントコースへ変更するために必要なものは

  • 三井住友NL(ナンバーレス)などのクレジットカード
  • SBI証券の証券口座
  • スマホ

の3点です。

その3点が揃っている方は、

Vポイントへ変更するサイトへジャンプしましょう。

Vポイント
こんな画面です

Vポイントへ変更するための手続き画面が出てきますので、必要な情報を入力していきます。

Vポイント

変更完了です。

Vポイント
ccyちゅちゅうちゅういちゅういgちゅういがちゅういちゅうちゅち

なにやら、注意書きが。。

どうやら、この変更手続きを行ったときは、所定の日時までにSBI証券側の設定を行わなければならないようです。

Vポイントが貯まるコース(三井住友カード仲介口座)への変更完了後、当社WEBサイトログイン後の【重要なお知らせ】にて変更完了通知が届きます。

当社が定める取引やサービスを利用したときにVポイントを獲得するためには、9日23時59分までに「SBI証券Vポイントサービス」へお申し込みいただき、当社所定のVpass認証手続きをお願いいたします。

なお、上記日時までにVpass認証手続きを行わなかった場合、Vポイントが付与されませんので、十分ご注意ください。

また、手続き完了画面には以下のような文言が。

・お申込いただいてから変更完了までに4~5営業日かかります。

ヒゲ
ヒゲ

ヒゲが手続きしたのは8日でしたw

しまった~~~

と言ってもVポイントが付与されるのが少し遅くなるだけですので(Tポイントはつく)

さらに、クレカ積み立てによるポイントはしっかり着きますので安心を。

気長に待ちましょう。

ということで4日ほど経ちましたのでSBI証券の画面へ飛びます。

ログインをしますと、手続き完了のお知らせが飛んできていますので、そちらを開いて

お知らせ内に存在するVpointo サービス手続きをクリックします。

Vポイントサービス登録手続き
ポイントサービス手続き完了のお知らせ
ポイント連携
Vポイント連携

これにて登録完了です!

SBI証券でVポイントを投資に使う方法

利用することができるようになるのは2022年からとのことです。

それまではポイントを貯めて投資するタイミングをじっくりと待ちましょう。

VポイントはTポイントよりも溜まりやすくなっているので三井住友カードを持っている方はぜひ切り替えを検討してみてください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人

ヒゲ

とある会社でエンジニアをやりつつ、家族のためにせっせと投資に励むオジさん。: Udemyの講師やエンジニアに関する文筆業を生業としています。ネット上ではヒゲと呼ばれることが多い。是非フォローして下さい。

-投資信託, 資産運用

© 2021 家族経営ブログ