国内株式 株式

【セコセコ短期投資生活】中期・短期投資のために定めているルールを紹介

ヒゲ
ヒゲ

こんにちわー、ヒゲです。基本的には長期投資の住人ですが、

今日は短期投資のためのルールを紹介しようと思います。

なぜ短期投資するのか?

中期・短期投資

短期的にお金を得るため

それだけだと身も蓋もないのですが、真実です。

基本的に長期に回している

  • つみたてNISA
  • iDeCo
  • ジュニアNISA

は結果が出るまで20年以上時間がかかるのと、それまで引き下ろしもするつもりもありません。

当然ながらその間も世界は動いています。

その時の相場の力を使って短期投資を行うことで、資産を増やせる算段があるからです。

投資の自力をつけておきたい

投資信託一択だけでも十分立派な投資です。

しかし、1人のビジネスマンとして投資の知識はつけておきたいものです。

というのも他のビジネスパーソンとお話をするときは必ずと言っていいほど投資や資産運用のお話がでできます。

自分自身が興味はなくても、それらの話にある程度ついていけるようにしておかないと、遅れをとってしまうと感じているからです。

なぜ短期投資ルールが必要なのか?

危険がいっぱい

しかし、踏み込むは修羅の道。

危険がいっぱいなルートです。

そのため、自分自身を守るためにもルールを作ります。

そのルールを守れなければ、あっという間に相場の鬼たちに食われて相場から退場。バイナラです

ヒゲ短期投資ルール

中期・短期投資

とういうことで、ルールを紹介していきます。

基本的には大きく勝つ!というより負けない投資方法を目指していきます。

つみたて系への投資が優先

我が家だとつみたて系の投資にはおおよ毎月30万円ほど拠出しています。

この金額は必ず確保です。

間違っても、このつみたて系の投資元本を作るために短期投資は行いません。

以下の記事はジュニアNISAに関する記事です。

金額の上限を決める

短期投資に回す金額を決めます。

私だと100万と決めています。

  • 個別株を購入する(100万)
  • 売るまで何も買わない
  • 売れたら、残りのお金で投資する。

資金の追加は基本しない

そして短期投資への、追加入金はなしです。

これを許してしまうと資金が短期投資に周りすぎてしまうことを懸念しました。

今後長く続けていく間で元本の増加はあるかもしれませんが、今のところは予定していません。

エントリーは100株から

まずは最低購入株数から入ります。

いきなり200株!300株購入!とはしません。

ナンピンは一回まで

エントリーが100株なのは、購入後の下落に備えるためです。

その会社の材料がよかった場合や、株価で遊ばれてしまった場合は平気で株価が乱高下します。

そうなった際に底値で購入することは難しく、購入単価より低い時期が1〜2週間続くことがあります。

その時にナンピン買いをしておくことによって、平均取得単価を下げることができるのです。

最初に100からはいるのはこのナンピン買いのためです。

信用取引はしない

しません。

大きく儲けるにはもちろん信用取引ですが、そこまでプロではないのでやる予定はないです。

損切りはしない

損切りもしません。

基本的には100円でも200円でも購入時より高くならないと売却しません。

そのため、株を100万円分購入してずっと含み損の状態が続くと、新規の株を購入することはできません。

値段は相場が決めるのでなかなか自分が思った通りの値段にならないことがあります。

じっくり待つことも重要ですね。

バイバック(自社株買い)株/株式分割株を購入する

自社株買いや株式分割を発表した会社のみ株を購入します。

一つ一つの銘柄を吟味している時間を作ってしまうと、他のことができません。

手っ取り早く選別する方法として選んだのが、バイバック株/株式分割株です。

基本的に株式市場の引け後に発表されることが多いいこれら。

寝る前にチェックして、その材料が出ていたら当日に指値を入れ購入することが多いです。

好材料系(xxxシステムを構築とか)

好材料の場合も購入することもありますが、その場合はポジションを翌日まで持ち越しません(マイナスの場合除く)。

その日のうちに現金に戻します。

中には500円とかで売ってしまうものもあります。

当日の寄り付きに飛びつかない

寄り付きの値動きはすごいです。

正直私のような個人投資家が割って入れるような場面はあまりなので、外側から傍観しています。

自身の昼休みや、翌日に購入を検討します。

成行は使わない

とことん指値です!

成行にすると、PTSから購入されてしまったり、PTSの安い株価で売られてしまったりします。

評価額が+10%になったら迷わず売る

売ります。鉄の意思で!

まだ上がりそう。。。

などのたらればはいくらでもあるのが株の世界、少しでもプラスだったことを感謝し売却です。

中期・短期投資のルールまとめ

まとめると以下になります。

  • つみたて系への投資が優先
  • 金額の上限を決める
  • 信用取引をしない
  • 資金の追加は基本しない
  • エントリーは100株から
  • 損切りはしない
  • 当日の寄り付きに飛びつかない
  • 成行は使わない
  • 評価額が+10%になったら迷わず売る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人

ヒゲ

とある会社でエンジニアをやりつつ、家族のためにせっせと投資に励むオジさん。ネット上ではヒゲと呼ばれることが多い。是非フォローして下さい。

-国内株式, 株式

© 2021 家族経営ブログ