節税

【心配しすぎ!?】 保険を見直して固定費を減らす時のポイント

我が家では保険は2人で月1万5000円ほど支払っています。

積立型の保険はやっておらず、全て掛け捨てです。

家族がいるのであれば、目安として一人当たり5000円くらいの保険料にしておくのがベストです。

独身であればさらに少なくても問題ないです。多くても3000円程度の入院および医療を保障してくれる保険のみで問題ありません。

今回の記事では、保険を払いすぎていないか?を確認するためのチェックリストとして利用してもらえればと思います。

心配しすぎ!? 保険を見直して固定費を減らそう

死亡保険

6.8%

この数字は、男性が60際までに死亡する確率です。

多いと感じるか、低いと感じるかは人それぞれですが、ほとんど生きています。

しかも、死亡保険は60才までは手厚いのですがその年齢をすぎると一気に手薄になります(もしくは払うだけ払って何もなし)。

そのため、この年齢までに手厚く月に何万円もかけるのは不合理なのです。

仮にかけるのであれば、SBI証券などで出している月500円くらいの掛け捨ての死亡保険の方がよっぽどいいです。

独身不要
世帯持ち掛け捨ての安い死亡保険なら問題なし

我が家では、死亡保険は1人目の子供の学資保険でついている死亡時の一時金を死亡保険代わりとしています。

入院・医療保険

こちらも入院する確率はほとんど死亡する確率と変わりません。

しかし、死亡と違い何度も病院に足を運ぶことが必要になったり長期化する場合もあります。

さらには、60を超えると保険自体に入れないと言ったデメリットがあります。

そのためこちらは固定費から削るよりも30才くらいから家系の特性(癌になりやすいなど)を考慮して何かしらの保険に入っておくことが好ましいです。

ただし、特約のつけすぎには注意です。

以下のような統計情報と睨めっこをして、自分のいい塩梅を探すことが大事です(生保担当者の言いなりになってしまってはダメです)。

保険の見直しのポイント

我が家で実践しているポイントは以下です。

保険の役割が被っていないか?

A会社では死亡保険と、医療保険を兼ねており、B会社では死亡保険と入医療保険を組んでいると言ったパターンです。

これはめちゃくちゃ無駄です。

私の父親は、生保担当者に言われるがまま保険に加入して上記のような状態になっていました(気づいた時は60を超えていてもう時すでに遅しでした)。

もらいすぎようとしていないか?

思わず、もしものことを考えて大きく掛け金を上げてしまう死亡保険ですが。。

仮に縁起でもないことが発生した場合。保障としては(年金をしっかりと納めていれば)

  • 遺族年金

の給付があります。当然iDeCoなどの商品を買っている場合はその積み立て金もきちんと返却されます。

そのため、こちらをもらえることを見越した上で死亡保険の金額を設定することが好ましいかと思います。

全く何も残らないわけではないですし、健康で家族のためにお金をためたり使ったりすることが何よりも大切なことです

一度家計簿として

まとめ

万が一のことに備えて保険のことを考えておくことはとても重要だと思います。

ただし、保険に入るのが目的ではなくて、保険を生活のための手段として捉えてその手段を的確に選んでいくことによって

将来の自分に残せるお金であったり、子供に残せるお金も決まっていきます。

今のタイミングで、一度保険を見直してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人

ヒゲ

とある会社でエンジニアをやりつつ、家族のためにせっせと投資に励むオジさん。ネット上ではヒゲと呼ばれることが多い。是非フォローして下さい。

-節税

© 2021 家族経営ブログ