お家のお金 国内株式 外国株式 投資信託 株式 資産運用

いつ来る?相場の大暴落! 大暴落時に投資はどうするべきなのか?

いつ来る?相場の大暴落! 大暴落時に投資はどうするべきなのか?

暴落
ヒゲ
ヒゲ

こんにちわー。

ヒゲです。

今回は、大暴落について取り上げてみたいと思います。

投資といえば、大暴落ですよね。

こんな時、庶民の我々はどのようなアクションを取ればよいのでしょうか?

定期的に起こる大暴落

大暴落は歴史的に見ても、何度か起こっています。

  • ITバブル
  • コロナショック
  • リーマンショック

などなどです。

これらのショックで、株式相場は最大87%も下落する場面が見られました。

87%とは資産1億円が1300万円ほどになってしまうほどの大暴落ですから、そのインパクトたるや凄まじかったに違いありません。

定期的に起こる大暴落からの回復

しかし、世界の経済は強いもので今まですべての暴落から見事に復活しています。

つまり、

「過去の実績だけをみれば、大暴落は絶好の投資チャンス」

と考えられるわけです。

ただし、回復までに10年以上かかるケースもあるので注意が必要です。

大暴落は予言できる?

大暴落は予言できません。

そのため、大暴落が起こった後やその前兆を嗅ぎつけながら投資を進めなければなりません。

しかし、SP500や全世界株式に堅実に投資をしておくことによって、大暴落の時でも投資の初心者が何か特別なことをしなければならないということはありません。

大暴落に備えるために、庶民の投資はインデックスファンドにしておくことが好ましいいのです。

あくまで過去の実績を見れば。でしょ?

ただ、あくまで過去の実績を見れば。でしょ?と反論もありそうです。

たしかにそのとおりです。

しかし、未来の世界の経済成長を信頼できない場合は投資をしないほうがいいです。

経済成長がないということは新しい製品や、新しいサービスがもう出ないことを示しており、今の生活のまま何十年も暮らすということにほかなりません。

ヒゲは、テクノロジーの進化を信じているので、これからも経済は成長していくことを信頼しています。

大暴落時に投資はどうするべきなのか?

暴落が起きても、将来的には回復することが考えられるのでその回復するまでの期間をどのように凌ぐのか?

がポイントになってきます。

しのぎ方の方法

いくつか凌ぐ方法があります。

しのぎつつ、攻める方法もありますが今回は3つ紹介していきます。

  • 忘れる
  • ガチホする
  • 追加投資する

最強の方法「忘れる」

資産運用で最も資産を伸ばしている人がどのような人かご存知でしょうか?

それは

  • 死亡した人
  • 資産運用していることを忘れている人

です。

いづれも、資産運用という存在を普段の生活から追いやっている人たちです。

対処としては、

スマートフォンに入れている、アプリを消したり、アカウントのパスワードを奥さんに変えてもらうなどです。

ガチホールドで凌ぐ

次の方法は有名なガチホールドによるしのぎ方です。

いかなる大暴落もどこ吹く風、ずーっと持ちっぱなしです。

持ちっぱなしで、いつか戻るその時を待ちます。

入金している金額が、多ければ大きいほど変態でなければこの状況に耐え抜くことはできないと言われています。

頭では「ガチホールド」とわかっていても、いざ大暴落に遭遇して資産の目減りを見るとその理性を保つことは難しいいんですね。

追加投資で更に攻める

投資信託であれば、資産の増え具合は何口保有しているか?が勝負です。

そのため、どうせ将来に株価が戻ってきて更に成長することが見込めるのであれば株価が下がった時に買ってしまおうという考えです。

しかし、暴落時の底値はどこまで下がるかわかりませんので、

下がったら買う、下がったら買うを繰り返していると、資金が尽きるか?暴落が終わるか?のチキンレースになる可能性があるので注意が必要です。

あまり、株式市場に張り付いていないのであればある程度株価が回復してきた1,2ヶ月後に一括で購入するといいと思います。

いつ来る?相場の大暴落! 大暴落時に投資はどうするべきなのか? まとめ

大暴落は常につきまといます。

10年に1度は起きているイメージですが、そのいつ起こるかわからない大暴落におびえて投資をしないことはもったいないですし機会損失にも繋がります。

また、難しい投資について勉強せずとも現代ではインデックスファンドに投資することで復活の時をまちます。

ネット証券をであるSBI証券や楽天証券をつかってシンプルに堅実に投資を行うことが重要です。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人

ヒゲ

とある会社でエンジニアをやりつつ、家族のためにせっせと投資に励むオジさん。ネット上ではヒゲと呼ばれることが多い。是非フォローして下さい。

-お家のお金, 国内株式, 外国株式, 投資信託, 株式, 資産運用

© 2021 家族経営ブログ